ツイッター始めました。更新情報を流します。

2017年11月23日

第4話の11:パタヤ・ソイ6正常位でハメてディープキス再開

(長い話です。その1からお読みください)

抜いた中指は、エンマの蜜というか愛液で、根元までヌルヌルになっているのが、触らなくてもわかる。

エンマの体やベッドを汚さないよう、中指をさりげなく太ももの外側になすりつけて拭き取る。

これまでの激しい戦いで少しずり下がったコンドームを竿の根元までハメなおし、万全の体勢にする。


膝立ちになり、エンマの脚を開かせて、白いシーツの広間を作り、間に滑り込む。、

まだ明るいので、さらに開かせると、エンマのマンゴーがよく見える。

割れ目の中に、黒っぽいビラビラがある。花芯のつぼみだ。

その間から、ピンクの膣壁が覗いている。

じっくり見せてもらいながら、竿の裏スジを押し当て、花芯の上をゆっくり往復させる。

ハメる前に、裏スジにも快感を味わせるのだ。

花芯のビラビラと、桃のような割れ目の肉が裏スジを包むように撫でるので、これまた捨てがたい味がある。

楽しめるものは、どんな小さいものでも骨までしゃぶって楽しむのが、私の流儀なのだ。


裏スジでマンゴーをたっぷり味わった後は、いよいよ花芯に挿入だ。

いつもタイの女とやるときは電気を消されて暗いので、花芯の入り口はよく見えず、見当で押し込むだけだが、今日はまだ明るい。

はっきり見えるピンクの花芯に、正確に亀頭の先端から入れていく。

テラテラ光るコンドームに包まれた竿が、力強く花芯に埋め込まれていく、その様子がよく見える。

まだ全部は入れず、先端を抜き差しして、花芯に出たり入ったりするのを鑑賞する。

さっちの立ちマンのときよりも、エンマのマンゴーがよく見える。

さっきは上からの視線なので、視界に限りがあったが、今はほぼ正面から見ているので、丸見えだ。

壮観な無修正の眺めだ。


竿と目で楽しんでいると、フィニッシュが近づいてきたのがわかった。

エンマの横に手をつき、竿をエンマの奥まで差し込みながら、上を向いたエンマの顔に口を近づけ、口に吸い付く。

ディープキスの再開だ。

相変わらず激しい力で吸ってくる。こっちも吸い返し、ウンウンという唸り合いもまた始まった。


ディープキスをしながら、腰のピストン運動を始める。

最初はゆっくり動かして、エンマの膣の感触を楽しむ。

体が小さい分、締りがいい。本当にいい拾い物をしたものだ。

そのうち、どんどんどんどん動きが早くなる。快感がさらなる快感を呼び寄せているのだ。

最後は目にも止まらない高速ピストン運動となった。

口と竿と、両方からの快感が体内を駆けめぐり、どこかでぶつかり合っている。

もうだめだ。もう来てる。


続く



早く更新しろと思ったら、クリックお願いします>>
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAXcm
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。