ツイッター始めました。更新情報を流します。

2017年07月12日

第4話の5:パタヤ・ソイ6で値切りをキャンセルできるか

(長い話です。その1からお読みください)

パタヤ・ソイ6で年増女をからかって遊んでいたら、思いがけなく落ちてしまった。

ここまで来たら、

「やっぱり、やーめた」

はできない。

もしやると、一悶着となる。友好的かつ親愛なたたかいではなく、本物の戦争となるだろう。

女の顔をつぶさずに、交渉決裂にする最後の手段は、あることはある。

それは―

それは、ある特別サービスを要求して、断られたらそれを大義名分にして、交渉決裂にする手だ。

その特別サービスとは、これだ。

「ディープキス、OK?」

タイの子は、ディープキスが好きな子もいるし、毛嫌いする子もいるし、OKでも舌先だけとか、千差万別だ。

エンマがもし毛嫌いする方なら、断るためのいい口実になると思ったのだ。

だが幸か不幸か、エンマの返事は

「OK」

だが、どの程度OKなのか。

舌先だけでは、ディープキスとは言わないぞ。確認しないと。

エンマの顔の前に口を突き出して、

証拠は?ライク・ホワット

するとエンマも唇を合わせてきたので、舌をチョロっと入れてみた。

半信半疑で入った私の舌を、エンマのヌメッとした舌が待ち構えていた。

そのまま、プルプルと私の舌の回りをプロペラのように回転した。

もう充分だ。

(CMのあと後半に続く)


口を離すと、

(納得した?)

挑むようなドヤ顔があった。

こうなっては、黙ってうなずくしかない。

こんなに安くしたこと、他の子には内緒よディス・プライス・イズ・アワ・シークレット・OK?

やはり掟破りの特別料金のようだ。

わかったよガット・イット

エンマが立ち上がり、カウンターの下からハンドバッグを取り出して、2階に向かう。

掟破りの秘密を共有して気分が高まったまま、エンマの後を追って階段を上がる。

目の前で、黒スカートに包まれたエンマの丸い尻が、狭い階段を揺れながら登って行く。


続く
タグ:値切り 年増

早く更新しろと思ったら、クリックお願いします>>
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAXcm
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: