ツイッター始めました。更新情報を流します。

2017年07月03日

第4話:パタヤ女に舌を抜かれそうになった話

その1:パタヤ・ソイ6置屋街の賢い遊び方

聖都(セイの字が違うが)パタヤの夜遊びと言えば、まずはウォーキングストリートのゴーゴーバー密集地帯だが、その次に控えるのが、ソイ6の置屋街だ。

「ソイ(ソーイ)」というのはタイ語で「通り」という意味なので、ソイ6は文字通り「6番通り」ということになる。

地図を見ると、確かにこの通りは北側から6番目の通りになっているので、納得できる。(車も通れないような細い路地には番号はつかないので、念のため)

パタヤ海岸近くにあるこの一直線の通りは、両側にガールズバー形式の置屋がひしめいて、丸ごと男子専用の街になっている。

soi6s.jpg

一回1000〜1500バーツの低料金で昼間から軽く遊べる場所として、聖都パタヤの重要な一角を成している。

料金は協定料金というのはなく、店によって、また女の子によって違ってくる。当然若い子は高いし、年増は安い。

その都度交渉して料金を決めるわけだが、形はバーということになっているから、ビールでも飲みながらお互いの要望を出し合い、交渉して合意に至るのだ。

合意後の実行手続きは上階の部屋で、当事者だけになって行うのだが、その部屋代は店のサービスではなく、客が払うことになっている。部屋代も店によって違う。

したがって、女の子が提示する額は、交渉料金と部屋代ということになる。最初から「部屋代込みで○○バーツ」と提示する店もある。

後払いになるか前払いになるかは、客の風体で決めているようだ。向こうも商売だから、食い逃げは困るだろうから。

(CMのあと後半に続く)

相手をしてくれる子は、よりどりみどりで選べるようになっている。

店は表に面してカウンターがしつらえてあり、そこに女の子が店によっては鈴なりになって、客待ちをしている。

その前をじっくり見分しながら歩いて、好みの子を探すのだ。

客待ちしている女の子はヒマだから、歩く人を観察している。

こっちが向こうを見るだけでなく、向こうもこっちを見ているのだ。

当然鈴なりの視線が押し寄せてくる。

中にはこっちを見ながら隣の子とヒソヒソやってるのもいるが、あれはきっと、逆にこっちの品定めをしているのだ。

だが一対多だからといって、気落ちしてはいけない。

あまたの視線をはね返して、上玉を探すのだ。


1回歩いただけでは見落としがあるので、何回も往復して探すこと。

通りはもう午後3時頃から動き出すが、灼熱の太陽の下でテクテク歩いていると、汗だくになる。

太陽がパタヤ湾に沈み、涼風が吹きはじめた頃が歩き時だ。


ど真ん中ストライクの子が見つかったからといって、交渉もせずに、いきなり上で戦争をおっぱじめることはできない。

はやる悍馬をなだめながら、まずは料金交渉だ。

こんなとき日本人とわかると、必ずふっかけてくる。

日本人男の財布の厚みと、財布とフンドシの紐のゆるさは、タイの夜の観光業界では何十年も前からの常識なのだ。

ふっかけられてもいいのなら何も言わないが、それは許せないと言うなら、ツイッターで仕入れた情報だが、、シンガポールの華人になりすますという手もある。

私もその手を使わせてもらった。

続く
早く更新しろと思ったら、クリックお願いします>>
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAXcm
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: