ツイッター始めました。更新情報を流します。

2017年06月01日

第3話の14:若鮎の洗いをまず舌で

(長い話です。その1からお読みください)

大詰めのあらすじ:

自滅した若鮎は、自分からまな板に乗ってきた。天の助けと、若鮎料理を始めたとたん、ツルリと逃げられたのだった。


若鮎はすんでのところでツルリと逃げて、バスルームに姿を消した。

中で念入りに魚体を洗っているようだ。

その間に、若鮎料理の用意を万端にととのえて待った。


ほどなくして遠くのシャワーの音がやみ、カチャリとバスルームのドアの音がして、マリが姿をあらわした。

タイ女のお約束で、白いバスタオルを胸までしっかり巻きつけている。

交代に、私もシャワーに行く。

きれいに洗われた若鮎の洗いをこれから楽しむというのに、こんな汗で汚れた体では、鮎に失礼だ。

さっきから硬度充分になっている包丁をとくに念入りに洗う。

慌ただしく体を拭いて、あちこち濡れた体のまま、急いで歯を磨いた。

鮎は香魚といって匂いも楽しめるというのに、口臭がする口で味合うのでは、鮎に失礼だ。


バスルームを出ると、若鮎は白いシーツの敷かれたフカフカのベッドの上で横になり、観念している。

「きれいだね」

ささやいて、天井を向いている唇を盗んでみた。

嫌がる素振りは見せないので、舌を入れてみる。

マリはおずおずと、先端だけ舌をからめてきた。それ以上はやはり年齢差を考えると、無理なのであろう。

先端だけでも、若鮎の舌はとろけるように柔らかい、極上の味だ。


口を吸いながら、しっかり胸に巻き付けられたバスタオルをほどく。

中からは、大ぶりの乳房があらわれた。

タイ女にしては珍しい大きさなので、上げブラかシリコン人工乳の疑いがあったのだ。(第3話の2)

上げブラの疑いは晴れたので、次はシリコン疑惑の解明だ。

頂上から裾野まで念入りに揉んてみたが、どこにもコリコリするシリコンはない。天然の本物だ!

手に余るような大きな果実を、両方ともたっぷり揉んだり吸ったりして、堪能する。

乳首は少し固めだったが、興奮して固くなったのか、普段からそうなのかは、わからない。


乳房のあとは、背中から尻、太ももと、全身触りまくる。

21歳のピチピチの体は、跳ね返すような弾力といい、吸い付くようなみずみずしさといい、やはりいいものだ。

うっすらと茂る陰毛の下の割れ目を指で確認すると、すでにしっとり濡れていた。

中指を割れ目にそって上下しながら次第に奥に進むと、ますます濡れているのがわかる。

(CMのあと後半に続く)


さて香魚の秘所はどんな匂いがするのか、嗅がせてもらおう。

マリの長い脚を広げさせ、間に膝をつき、よく洗われたアソコをあらわにする。

鼻を寄せて、匂いを嗅ぐ。

良く言う香魚のキュウリかスイカの香りではなく(当たり前か)、かすかに石けんの香料の香りがした。


匂いはわかった。では味はどうか。

膝を少し曲げてもらい、蜜壺を上向かせる。

まずは割れ目の両側の、つるつるの桃の部分だ。ここを交互になめる。

この部分は当然味はなくて、つるつるの舌の感触を楽しむだけだ。

食べられる物は何でも食べようという、いわばスケベ根性だ。


次は割れ目の中に舌を差し込み、まずはクリトリスを舌の先で転がして、大きさを確かめる。

大きくもなく小さくもなく、普通のクリトリスだ。

次にクリトリスの下の蜜壺の割れ目にそって、舌を上下させる。

舌を少しずつ伸ばして行き、蜜壺の奥に差し込む。

マリの口から、ハァともアァともつかないため息が漏れる。

香魚の蜜壺は、ほのかな海の味がした。


続く



早く更新しろと思ったら、クリックお願いします>>
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAXcm
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。