ツイッター始めました。更新情報を流します。

2017年05月24日

第3話の10:若鮎をホテルに連れ込んだ

(長い話です。その1からお読みください)

タクシーはバンコクの夜の街を疾走する。昼間の渋滞がウソのように空いた道だ。

ホテルの近くになると大通りをそれて、ソイ(脇道)に入る。

マリがまた聞いてきた。

「ダイジョウブ?」

この頃には、次第に楽になりつつあった。ホテルで少し休めば、すぐに臨戦態勢になるだろう。

だがここでうかつに「もう大丈夫」なんて返事しようものなら、それは「さよなら」の意味だ。本当にサヨナラされるに決まっている。

もちろんデートのチップは、しっかり取られてだ。

それも、相手は学生とはいえ、タニヤのお嬢だ。ソイカやナナプラザのあばずれとは格が違う。

チップも、はした金ではなく、千バーツ単位でたんまり取られるに決まっている。

高いチップを取られておさらばでは、何のために高級朝鮮焼肉をたらふく食わせたのか、焼肉が泣くというものだ。

タクシーに料金を払ったら、

「まだ苦しい。一緒に来て」

大げさによろけて見せて、有無をいわさず手をつかみ、ホテルに入る。

男の部屋に行くことがどういうことか、わからないほどウブではないはずだ。

だが素直についてきたのは、介抱のためだからと割り切ってついて来たのか、この時点ではまだわからなかった。

(CMのあと後半に続く)

ここのホテルはカードキーだし、エレベーターはフロントから離れたところにある。

女の子を連れ込んでも、見咎められることはなかった。

エレベーターの中でも、壁に寄りかかって、気分が悪いフリをする。

フカフカのじゅうたんが敷かれた廊下を、もつれあうようにして歩き、カードキーを差し込んで部屋に入る。

部屋の電気をつけると、倒れるようにベッドにもぐりこんで、体力回復をはかることにする。

まだ腹が苦しくて、一戦始めても、充分な動きができそうもないのだ。


続く



早く更新しろと思ったら、クリックお願いします>>
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAXcm
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。