ツイッター始めました。更新情報を流します。

2017年05月22日

第3話の9:若鮎にホテルまで送って貰う

これまでのあらすじ:

バンコク・タニヤのカラオケで知り合った若鮎は、本物の大学生だった。若鮎料理を賞味したくて、高級焼肉店に連れ出すことに成功したが、思いがけない焼肉の山が立ちはだかる。

(長い話です。その1からお読みください)

無理やり焼肉を腹に詰め込む合間に、マリはどんどんビールを勧めてくる。

喉で足踏みしている肉を、マリがついでくれるビールで流し込み、かろうじて腹に押し込む有様だ。

二人で飲むビール瓶が何本も空になり、ビールの酔いもどんどん回って来る。

腹の苦しさと酔いで、マリを中心にした目の前の視界が次第に揺れ出して、何がなんだかわからなくなってきた。

もう限界だ。デートなんか、鮎料理なんか、もうどうでも良くなってきた。

テーブルに両肘をついて、下を向き、吐き気をこらえる。

急に静かになった私を見て、マリが聞く。

「ダイジョウブ?」

ダイジョウブじゃない。早くホテルに帰って横になりたい。

「チェックビン(お勘定)して」


急いで勘定を済ませ、ふらつく足でコリアン広場の噴水の前を通り抜け、階段を降りる。

歩道に並ぶ屋台の向こうは、だだっ広いスクムビット通りだ。

「ホテルどこ?」

ホテルの場所を片耳で聞きながら、マリがサッとタクシーをつかまえて交渉する。

客席のドアを開け、私を押し込むと、自分も一緒に乗ってくる。

どうやらホテルまで送ってくれるらしい。

「ダイジョウブ?」

さっきまではデートなんかどうでもいい気分だったが、タクシーに揺られているうちに、忙しく考えた。

酔いも腹の苦しさも、時間がたてば解消する問題だ。そのうちヤル気が出てくるんではないか。

介抱してもらうという名目なら、部屋まで来てくれるかもしれない。

そのためには、ここは、ずっとダイジョウブにならなければいいんだ。

「くるしい」

わざと苦しい声を出してみた。

マリは見かねて、背中をさすってくれる。

ホットパンツから伸びたまっすぐな足がまぶしい。


続く



早く更新しろと思ったら、クリックお願いします>>
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAXcm
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。