ツイッター始めました。更新情報を流します。

2016年02月01日

第3話の7:タニヤの若鮎を連れこんだ場所は?

(長い話です。その1からお読みください)

マリと一緒に、路上にたむろする客引き連中の間を通り抜ける。

今日は二人連れだから何をいわれるんだろうかと、戦々恐々だ。

だが、案に反してみんな何もいわない。全部わかったという顔だ。

気が抜ける思いだが、そこは連中にも、見えない限度というものがあるらしい。


ホッと我に返り、マリと並んで歩きながら、

「おなかすいてるの?」

「少し」

「何食べる?」

「なんでも」

「じゃあカオリー(コリアン)にする?」

「はい」

スクンビットのアソーク駅近くに、新しくできたコリアン広場があり、朝鮮・韓国料理店が軒を並べている。

日本とタイの物価差を考えると、日本よりも安く食えるはずなのだが、タイ飯屋と違って一人で入れる雰囲気ではない。連れができたら一緒に行こうと思っていた。

今日がちょうどいいチャンスだ。うまく行けば、コリアン料理のあとで、若鮎も食えるかもしれない。

タニヤを出たところは、大通りを行き来する人の波だ。

マリとはぐれないようにという言い訳を体で表現して手をつなぎ、人の波をすり抜けて、車道に出る。タクシーを捕まえて、スクンビットに向かった。


コリアン広場は、階段を上がった正面に噴水とベンチがあり、それをコの字型に囲むように、コリアン料理店の入ったビルがある。

たくさん並んでいて迷うが、今日は金に糸目をつけていられない日だ。高かろうが安かろうが構わない。

焼き肉をまず食いたかったので、看板に「焼肉」の文字を探し、最初に見えた店に直行する。

席につくと同時にやってきたウエイターは、タイ語のできる若い元気なコリアンだ。

タイ人カップルに見えたのか、タイ語で話しかけてくる。

まずビールと、焼き肉を何種類かと、参鶏湯(サムゲタン)を頼む。あとはマリに写真入りのメニューを渡し、好きな料理を注文させた。

ビールを飲みながら、マリに店では聞きにくかった質問をしてみる。

「マリ」なんて名前、日本人向けの源氏名だろうから、本名を聞いてみたかったのだ。

本名を教えてくれたら、それ以後はずっと本名を呼ぶつもりだ。そうすれば、こっちの本気度を感じてくれるだろう。

教えてくれなかったら、心を許してくれないということだから、脈はないとわかる。コリアン料理までの関係で終わりだ。鮎料理はあきらめるしかない。

「マリの本当の名前は何?」

マリのふくよかな口唇から出てきた答は、意外なものだった。


続く



早く更新しろと思ったら、クリックお願いします>>
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAXcm
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。