ツイッター始めました。更新情報を流します。

2016年01月04日

第3話の1:タニヤの若鮎は現役大学生だった

あらすじ
タイ・バンコクの歓楽街タニヤにいた若鮎は大学生だった。どこかオズオスしていたが、ホテルに連れ込むと、本性をあらわにして、ピチピチと跳ね出すのだった。


タニヤというのは、バンコクの一大歓楽街パッポンのすぐ近くにある通りの名前だ。

パッポンの陰にかくれてあまり目立たないが、それでも一歩足を踏み入れると、派手なネオンが林立して、男女の呼び込みがしきりに声をかけてくる。

通り一本、丸ごとの歓楽街になっている。
taniya1.jpg

ただバンコクの他の歓楽街と違うのは、日本語の看板が多いこと、それに呼び込みの声だ。

「アナター」

「シャチョー!」

「イラッチャイマセ!」

怪しげな日本語で声を掛けてくる。

ここは日本人専用の歓楽街なのだ。

タイに進出した日本企業の接待や、駐在員の息抜きに、また日本人男性の夜の観光の場として、ゴーゴーバーこそないが、カラオケ、クラブ、日本料理店がひしめいている。

入り口には両替所まで用意されている。この通りでたっぷりタイバーツを使ってくれということか。

1本の通りを丸ごと日本人専用にしても成り立っているのは、日本とタイの経済格差から来る、日本人の豊かなふところと、さらに日本人の金払いのよさだ。

観光客はバーツ札の価値を知らないので、チップを大盤振る舞いするし、勘定を水増しても、ろくにチェックせずに払ってくれるし、おいしい日本人男性客さまさまなのだ。

日本人にとっても、ママさんは日本語を話すし、女の子もそこそこの日本語ができるので、外国語のできないオヤジたちにとって、大変にありがたい場所だ。日本語だけで、タイの安い夜遊びが満喫できるのだから。

日本のオヤジとタイの女、お互いに持ちつ持たれつの関係で成り立っているのが、このタニヤなのだ。

そんなタニヤで、呼び込みのおばさんの熱意に負けて、はじめて入ったのはカラオケ店だった。

ビルの中が全部同種の店になっているので、エレベーターで連れて行かれる。

店に一歩入ると、待ち構えていたママさんが

「お客さん来たわよー」

大声のタイ語で、待機中の子を呼んでいる。

待機室から、華やかな私服の10数人がキラキラと出てきて、私の前に並ぶ。この中から好きな子を選ぶのだ。


タニヤの女は、ソイ・カウボーイやナナプラザの子のような、ファラン(白人)相手のすれっからしではない。

「あんなのと一緒にしないでよ」と言いたげな、落ち着いた、化粧も控えめで、服のセンスもいい、大人の雰囲気を持った女たちだ。

したがって、ピチピチの若い子は少ない。悪く言うと、おばさん主体だ。

よく選ばないと、トウの立ったおばさんを押し付けられるのだ。


続く



早く更新しろと思ったら、クリックお願いします>>
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAXcm
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。