ツイッター始めました。更新情報を流します。

2015年10月10日

第1話の13:エレベーターの中で抱き合う

(長い話です。その1からお読みください)

エントランスに入りながら、人前で手をつないでいるわけにも行かず、そこだけは手を離す。

中に入ると、ロビーがあり、フロントデスクの前を通って、エレベーターに向かう構造になっている。

カードキーだから、部屋の鍵を預けることはしていない。

だからフロントに立ち寄る必要はないのだが、迂回する道はないので、必ずフロントの前を通らないといけない。

そのときに、否が応でも、注視され、同伴者を値踏みされる仕組みになっている。

ここは知らん顔して通るしかないなと腹をくくり、無駄な努力かもしれないが、ノイができるだけフロントから見えないよう、小さな体を隠すようにして歩いた。

緊張が高まる中、近づいてくるフロントデスクの空気がいつもと違う。

いやにひっそりしていて、人のいる気配がない。

おそるおそる見ると、人はいるのだが、肘掛け椅子にもたれて、フロントの男がぐっすり眠りこんでいる。

夜も遅い時間だし、夜間はやることもないし、昼間の疲れがどっと出たのだろう。

起こさないよう、お互いに「シーッ」と口に指を当て、笑いをこらえながら、足音を忍ばせて通りすぎた。

結局、あれこれと気をもんだだけ損だった。


エレベーターに乗って慌ただしくボタンを押し、扉を閉める。

エレベーターが動き出すと、そこはもう二人だけの世界だ。邪魔するものは何もない。

思わずノイを引き寄せる。

ノイは力を抜き、身を預けてくる。

鼻に当たるノイの髪の匂いが、また怒涛のように押し寄せる。


さっきはタクシーの中でシートが邪魔をして半分しか賞味できなかったおしりを、両手で思い切りつかんた。

丸い形と弾力を慌ただしく確かめる。

そのあとは、さらに柔らかい内部へ、手を侵入する番だ。

スカートを後ろから持ち上げようとしたそのとき、無情にもエレベーターがチリンと鳴り、扉が開く。

いつもは遅いエレベーターなのに、こんな時にはあっという間に着くのが、うらめしい。

だが続きは部屋でいくらでもできる。

あせる気持ちをなだめながら、手をつないで廊下を部屋に向かう。

続く



早く更新しろと思ったら、クリックお願いします>>
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAXcm
posted by 河道 at 13:15 | Comment(0) | 第1話:短髪ノイの白い桃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。