ツイッター始めました。更新情報を流します。

2015年08月15日

第1話の1:短髪ノイの白い桃

あらすじ
タイ・バンコクのゴーゴーバーではじめて連れ出した子は、ビギナーズラックで気立てのいい可愛いい子だった。一通りのデートのあとホテルに連れ込んで、ショートカットの小柄な体を・・・


はじめてのバンコク観光旅行は、夜遊びが目的だったので、ツアーでなく、個人旅行だった。

昼間は、常夏の強烈な太陽にげんなりして、どこに行ったのかもよく覚えていない。

だが夜になって涼しくなると、ナイトライフの時間となり、とたんに元気を取り戻して、夜の観光すなわち夜遊びに繰り出したものだった。

泊まっていたホテルの近くに、バンコクの歓楽街の中で最大といわれるカウボーイ通り(ソイ・カウボーイ、略称ソイカ)があり、足が向くのは毎晩そこだった。
soica1.JPG

ぎっしりと軒を並べる店は、殆どが酒のほかに、女の子のポールダンスと強烈なダンスミュージックを提供している。

いわゆるゴーゴーバーというスタイルだ。

客は気に入った子がいたら席に呼んで、ドリンクを買ってやり、他愛ない会話を楽しむという遊びだ。

話し足りないと思ったら、女の子と店が承諾すれば、話の続きは店外でもできる。もちろんその分の追加のチップは必要だが。

あとはただの友達関係で終わってもいいし、つかの間の恋愛気分にひたってもいいし、男と女だから、お互いの合意があれば、二人の世界を邪魔するものは何もない。

インスタントなタイ女性との出会いであっても、擬似恋愛が本物の恋愛に発展することだって、タイではあるかもしれないと思えてくるのだ。

最初の頃は、耳をつんざく音楽と、体にぴったり張り付いた衣装で、ステージ狭しと踊りまくる女の子の集団に圧倒され、ただ口を開けて見ているだけだった。

1回くらいはああいう女の子と話をして帰りたいものだ。

だが、なかなか背中を押してくれるほどの好みの子がいない。

帰国の日が迫り、背中に秋風が立ってきたある日、とある店で、色白でショートカットのかわいい子を見つけた。

遠目には、童顔で、はたち前後に見えた。スタイルも小柄ではあるが、メリハリのついたナイスボディだ。

勇気を出して呼ぼうと思ったが、踊ってないときはいつもファラン(欧米人)の相手をしていて、呼ぶチャンスがない。ファランに人気のある子らしい。

しばらく粘ったが、2杯目のドリンクが空になったのをしおに退散した。

あしたは帰国前日、最後の日だ。もし、あしたもあの子がいたら、必ず呼んで話をしよう。そう決心して店を出た。


続く



早く更新しろと思ったら、クリックお願いします>>
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAXcm
posted by 河道 at 04:58 | Comment(0) | 第1話:短髪ノイの白い桃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。